innovstが行うご支援内容:

ご挨拶

    弊社(株式会社イノベスト)は、教育機関の持つ資源の効率的かつ効果的な活用の
    方法を実行支援することを目的とし、立教大学をはじめ全国の大学の
    Business Process Outsourcingを受けています。
    他校事例を通して、弊社の取り組みとご支援プランをご案内いたします。

PBL型授業をアクティブにする方法

    弊社は、各教育機関の取り組み(主に教育プログラム)を比較評論するのではなく、
    実際の経営(運営)上の課題に対して、実際の複数事例(ご紹介事例:立教大学)からの経験をもとに、
    具体的なソリューションをご提供します。
    産学官の連携を中心として、取り組みに紐づく広報・プロモーション業務、
    業務改善のための施策を策定・実行いたします。
    BPOの具体的な内容として、連携の企画から契約までのコーディネート、寄附金の調達、学生の学習意欲向上
    学生からの支援を取り付ける仕組み作り、プログラム担当助手との連携による各業務ノウハウの内製化、
    各種SNS運用まで、実際に抱える課題をベースに価値をご提供します。

外部協力企業の必要性

    なぜ”学外の資源(弊社をはじめとする外部企業)”が必要か
    昨今の大学改革において、物理負担の軽減と学外との社会連携が重要であるため。
    ことに、PBL型授業においては学内資源だけで完結する授業は少なく、
    学生アシスタントの育成や、シラバス共通化、ポートフォリオ導入、
    資金(寄附金)調達やクライアント開拓業務など、多岐にわたる活動が必要である。
    中でも外部の立場の方が実行しやすく、費用対効果が高いものも多く、
    また、学内における成果報告でも外部の支援が効果的であるため。

ご支援可能内容の一例

    *上記以外にも、ヒアリングを通して貴学のご支援策をご提供いたします。
    *SA:Student Assistant 上級生による授業アシスタント
    (単なる授業補助者ではなく、授業運営者として教職員と協同する)